2019年1月の記事一覧

6年国語科「自然に学ぶ暮らし」(説明文)

筆者の考える「新しい暮らし方」についてまとめる学習です。

「新しい暮らし方」について書かれていると思う文章を、自分のカードに打ち込み、ムーブノートで共有して、キーワードを見つけました。

このキーワードと教科書を照らし合わせながら、筆者の考える「新しい暮らし方」について、百字程度で原稿用紙にまとめました。キーワードが見えてきたことで、筆者の考えのポイントが絞られ、「まとめる」という作業がしやすくなりました。

その後、それぞれがまとめた文章を、さらに学級全体で共有しました。すると、筆者の考える「新しい暮らし方」とは、「自然から学ぶ暮らし。自然の仕組みを生かした暮らしを一から考え直し、資源を守って、その消費量を減らし、いつまでも暮らしていける社会。」という方向にまとまりました。

5年社会科「社会を変える情報」

医療現場の情報ネットワークの活用について調べてみたいことを、ミライシードの「ムーブノート」を活用して考えました。

ふせんに調べてみたいことを書きます。指一本でみんなに発信することができ、とても簡単に考えを共有できます。

この画面は子どもたちのタブレットPCからも見えるので、たくさんの意見を見て考えを広めたり深めたりすることができます。

また、様々な並べ方が簡単にできることで、子どもたちも考えがまとめやすくなります。実際のふせんよりも効率的に授業を進めることができました。

授業後も、たくさんの子どもたちが意見を見て意見を交わしており、興味関心が高まっていることが分かりました。