カテゴリ:5年生

福祉について学びを深めました

 今治明徳短期大学から玉井智子先生を講師としてお招きし、手話に関するお話をしていただきました。

 「福祉とは何か」というお話を導入として、先生ご自身の手話との出会いや聴覚に困難さを抱えている方へのサポートの仕方、手話の仕方などについて教えていただきました。何よりも「手話という言葉を大切にしてほしい」という玉井先生の思いを、子どもたちは強く感じたようでした。これまで福祉について学びを深めてきた子どもたちですが、今回の出会いを経て、学びがより深まり広がったように感じます。

 今回は貴重な機会を設けていただき、ありがとうございました。